猫の体形による6つ分類と特徴について

例えば犬の場合、大型犬、中型犬、小型犬と体の大きさで分類されることが多いです

しかし猫は種類を体の大きさで分類できるほど体型の差が無いので、猫の分類は体形(外見的な特徴)によっておこなうことが多いです

・胴の長さや形

・足の長さや太さ

・耳の大きさ

・口の長さ

を基準として一般的に6種類に分けられます

そのような体形で分ける6タイプとその他の分類方法について




猫の体形による6種類の分類

コビー

 

丸い頭部、胴が短く肩幅、腰幅が広くがっしりとしていて、しっぽは短く、太くて短い足や丸みのある足先が特徴

代表的な猫

ペルシャ、ヒマラヤン、マンクス、チンチラ、バーミーズなど

 

セミコビー

コビーに近いが、コビーよりも胴、足がやや長め

 

代表的な猫

アメリカンショートヘアー、ブリティッシュ、スコティッシュ、ボンベイ、マンチカンなど

 

オリエンタル

コビーとは対照的で、四肢や胴体が細くて長い

しっぽも長く、耳も大きい

 

代表的な猫

シャム、オリエンタルショートヘアー、コーニッシュレックス、ピーターボールドなど

 

フォーリン

オリエンタルに似ているが、オリエンタルほど極端に細くなく、コビーほど丸くないスタイルの良い種類

 

代表的な猫

ロシアンブルー、アビニシアン、ジャパニーズボブテールなど

 

セミフォーリン

オリエンタルとコビーの中間のような体形

頭部にやや丸みがあり、胴がやや短くずっしりしている

 

代表的な猫

アメリカンカール、エジプシャン、スフィンクス、マンチカン、デボンレックスなど

 

ロング&サブスタンシャル

 

今までのタイプにあてはまらない種類

胴が長く、がっしりとした大型

 

代表的な猫

メイクーン、ベンガル、ラグドール、ターキッシュバンなど

 

その他の分類方法

被毛による分類

体形による分類とは別に体毛(被毛)の長さによる分類がある

短毛種と長毛種に分類され、それは上記の体形による分類とも無関係ではない

コビーは比較的寒冷な地域でうまれたので体温維持のために長毛種が多い、またオリエンタルは逆で温暖な地域で生まれたので短毛種が多いという特徴がある

 

その他の特徴的な形態

これまでの特徴にあてはまらない形態をもつ猫も存在する

・マンクス

しっぽが無いことで有名なマンクスはランピー(しっぽが全くない)スタンピー(短いしっぽを持つ)テイリー(曲がったしっぽを持つ)の3種類がある

・スフィンクス

毛が非常に短く、大きな耳を持つ

・スコティッシュフォールド

耳が耳の穴をふさぐように折れ曲がっているタイプ(垂れ耳)がいる