猫免疫不全ウイルス感染症 (FIV・猫エイズ) について

猫免疫不全ウイルス感染症 (FIV・猫エイズ) について

原因

病原体は猫免疫不全ウイルス(FIV)で、感染すると免疫不全をもたらします

ヒト免疫不全ウイルスとは近いですが、猫科の動物以外には感染しません

ほとんどの場合感染している猫に噛まれることで感染し、放し飼いしているオス猫が最も危険と言われています

交尾や接触のみで感染することは少ないですが可能性としてはあり得ます

 

症状

初期 (感染後約一ヶ月) は発熱、下痢、リンパ節の腫れなどの症状が現れます

徐々に免疫力が低下し、体重の減少や様々な免疫不全症状(口内炎、歯肉炎、呼吸器症状、皮膚病など)が現れます

最終的には免疫を破壊されてエイズ、後天性免疫不全症候群に進行します

中には症状が現れず、長い期間無症状で過ごす場合も有ります

 

診断方法

感染後1ヶ月ほどで血液の抗体検査により診断が可能です

 

予防方法

ワクチンも有りますが、接種をしても100%猫エイズの感染を防げるものではありません

理由として

・猫エイズには複数の種類があり、ワクチンの効果が見込めるのがその中でも半分程度であること

・摂取しても100%抗体が作られる保障が無い

ことが挙げられます

 

一番の予防法は感染している猫に近づけないことです

完全室内飼いを推奨します

関連記事:完全室内飼いのメリット

 

治療方法

現在有効な治療法はありません

対症療法で付き合っていくことになります