猫ヘモプラズマ感染症(ヘモバルトネラ症)について

猫ヘモプラズマ感染症(ヘモバルトネラ症)について

原因

赤血球に寄生する微生物であるヘモバルトネラ・フェリス(リケッチア)が原因でおこる貧血を特徴とした伝染病です

感染経路は諸説あり

・喧嘩による外傷、血液を介しての接触感染

・ノミやダニなどの吸血昆虫の媒介

などといわれています

 

症状

ヘモバルトネラが血中にあらわれると、急性症では急激に赤血球が減少し貧血が進行し、高度の貧血により死に至ることもあります

初期には発熱、元気・食欲の消失などがみられ、重症の時は呼吸速迫(呼吸が荒く)がおこります

 

診断方法

症状から判断し、血液検査で赤血球にヘモバルトネラ・フェリスが付着しているか調べます

消失期間があるため症状がみられた際には数日間連続して検査する必要があります

 

予防方法

感染後に回復した猫でも長くヘモバルトネラを保有するので輸血等に使用しない、隔離することで予防しましょう

 

治療方法

抗生物質のオキシテトラサイクリンが有効ですが完全な駆除は困難

輸血や栄養補給をおこなう

早期に発見し治療すれば助かることが多いです(合併症が無い場合)