猫へのブラッシング~効果、ポイントを解説~

猫を飼っている人にとって欠かせないことの一つが日々のブラッシングですね

「猫がブラッシングを嫌がる…」

「ブラッシングってしないとダメ?」

など悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか

今回はそんな悩みを解決するために”猫のブラッシング”がテーマです

正しいブラッシングの知識を身につけましょう

猫のブラッシング

ブラッシングの効果

ブラッシングにはたくさんの良い効果があります

抜け毛対策

飼っている人なら分かると思いますが、猫って抜け毛が多いですよね

日常的にブラッシングしてあげることで、自然に抜け落ちる分を減らすことができます

部屋に落ちる分が減るので掃除が楽になります

 

毛球症対策

猫はグルーミング(毛繕い)をする際に自分の毛を飲み込みます

その体内に取り込んでしまった毛は胃の中でたまり毛玉となります

猫を飼っている人なら経験があると思いますが、その毛玉は嘔吐の際に吐き出します

それが様々な原因(老化、病気、ストレス等)で吐き出せなくなってしまい体内に残ったまま吐くことも排便することもできなくなってしまう状態である ”毛球症” と呼ばれる病気になってしまう事があります

ブラッシングで予防できますので、しっかり行いましょう

毛球症の主症状
・食欲不振
・吐くそぶりを頻繁にみせる
・便秘
・おなかを触ると嫌がる
*このような症状がみられた場合は早めに病院へ

 

ストレス解消

猫はストレスを感じたときに自身をグルーミングします

それと同じようにブラッシングしてあげると猫のストレス解消にもなるでしょう

 

健康チェック

毛に触れることで分かることがたくさんあります

ノミやダニ等の寄生虫の早期発見、毛の状態、ふけの有無などは日頃からブラッシングをしていれば変化に気付きやすいですね

病気などの早期発見にも繋がります

 

スキンシップ効果

グルーミング(毛繕い)は親から子への愛情表現、大切な仲間との信頼関係を築くために大切な行為です

猫はブラッシングをされると愛を感じます

きっと2人の絆を深めることができるでしょう

 

気持ちの良いブラッシングのポイント

毛並みに逆らわない

猫の毛の生えている方向を意識しましょう

毛並みに合わせてブラシを動かすようにしましょう

力を入れず優しく撫でるように

力を入れてはダメです

優しく撫でるように行いましょう