水嫌いな猫にお風呂は必要なの?必要性や入れ方のポイント

水嫌いで有名な猫ですが、それは猫の先祖が砂漠で生活していたことが原因とされています

砂漠は昼間は暑く、夜は寒いので水に濡れた状態で夜になると体温を奪われ命の危険があるということ

また猫の毛は油分が少なく、濡れると体にぴったりくっつきます

油分が少ないので体を震わせても水が飛びにくいことから体に水がつくのが嫌いという説もあります

 

ではそんな猫にお風呂は必要なのでしょうか?

答えは ”基本的には必要ない” です

・何故猫にお風呂が必要ないのか

・どんなときはお風呂に入れてもいいのか、頻度、入れ方

についてお話します

猫のお風呂について

 

猫にお風呂が必要ない理由

猫はきれい好き

猫の体のニオイを嗅いでみてください。多くの猫が無臭だと思います

これは猫が狩りをしていたことに関係していて、狩りをするのに自分にニオイがついていると獲物にばれてしまいます

そのために猫は自分の体を綺麗に保ちます

猫の唾液で毛並みを整えることは体を汚していると思われがちですがそれは間違いです

猫は自分の体を舐め、グルーミング (毛繕い) することにより体に付着したゴミをとったり抜け毛を舐めとったりすることで自分をキレイにしています

 

また、そもそも猫は肉球以外に汗腺がほとんどないので汗をかきません

夏場に汗臭くなることもないのでお風呂は必要ないです

 

毛が乾きにくい

冒頭にも書きましたが、猫の毛は乾きにくいです

それが原因で体温が奪われ、時期によっては風邪の原因にもなります

 

皮膚が痛む可能性

 

 

飼い主との関係の悪化やストレス

猫にとってお風呂 (体が水に触れる事) は大きなストレスになります

もちろん中には水遊びが好きな猫も居ると思いますが、多くの猫は嫌がるでしょう

そんな猫をむりやり風呂に入れることで

・関係の悪化

・ストレスからくる病気にかかる

など、デメリットの方が大きいと思われます

 

 

どんな時に入れるの?

・体の汚れがひどい

・抜け毛がひどい (換毛期)

などの特別な事情がある場合のみ

何度も言いますが、基本的には必要無いです

それ以外に何か特殊な事情があるときには病院へ行って獣医さんに相談しましょう

入れ方と頻度

先ずは  ”濡れタオルで拭く” これで解決できるかどうかを試してください

それで無理なら ”気になるところだけすすぐ” ことで対応しましょう

 

どうしても入れたい場合は

洗面器など(猫用浴槽)にお湯をためる。温度は30~35度のぬるま湯

猫用シャンプーを入れて泡立て、洗ってあげましょう

すすぎは耳や目に水が入らないように注意して行ってください

シャワーを怖がらない子ならシャワーで、怖がるなら別で洗面器などにお湯をためそのお湯ですすぎましょう

すすぎ終わったらタオルを押し当てるように水気をとってあげましょう

ある程度水気が取れたら怖がらないならドライヤーの微風で、怖がるなら自然乾燥で乾かしましょう

注意点
・耳に水が入らないように注意する!
・シャンプーは猫用のものを使用する!(人間用はNG)
・タオルは擦らない!

 

頻度は年に1回程度で良いと思います