猫に耳掃除は必要?正しいやり方や頻度、耳で出来る健康チェックについて

『猫に耳掃除って必要なのかな・・・?』 このページを開いたあなたはそんな疑問をお持ちかと思います

結論から先に言うと ”健康な猫には基本的に必要ない” です

ただし例外もありますのでこの記事を読んで基本的な知識を頭に入れましょう

 

猫の耳かきについて

猫にとっての耳

猫にとって聴覚は五感の中でもっとも発達しているといわれています

そんな重要な耳ですからトラブルが起きないようにしてあげたいですね

 

猫は体の構造上耳の中は自分ではお手入れする事ができません

飼い主さんが正しい知識を身につけ、定期的に確認してあげる事が重要です

 

耳かきは必要?

冒頭にも書きましたが、個体差はあるもの健康であれば猫の耳はそれほど汚れる事はありません

少し耳垢があるかな?程度の状態であれば問題ないです

過剰な手入れは逆に猫の耳を傷つけてしまう可能性があるので、無理に耳掃除を行う必要は無いでしょう

耳掃除を行うのは

・耳が垢で真っ黒になっている

・猫が耳を頻繁に掻いている

状態の時のみで良いです

 

耳掃除の方法

水や猫の耳用クリーナーで湿らせたコットンやガーゼで見えている範囲で耳の中を軽く拭う

それでおおよその汚れは取れます

逆に言えば飼い主さんが行って良い耳掃除はここまで

・めん棒を使用する

・耳用クリーナーを流し込む

これらの処置はNG

それ以上は病院で処置してもらいましょう

 

 

以下は猫の耳から分かる健康状態のチェックです

 

猫の耳で出来る健康チェック

普段との違いを感じるために、普段から定期的に見ることが重要です

以下に簡易的なチェック項目を用意したので、確認してください

耳垢の状態

健康な状態では茶色で少し湿っていて、多少の粘り気があります

・汚れている

・べたべたしている

・乾燥している

・血が混じっている

などは注意が必要です

 

耳の中のにおい

通常は無臭

 

耳の中に傷,ほくろのような出来物は無いか

赤く変色している

かさぶたが出来ている

ほくろのような出来物がある

耳の変色

耳の先端が変色している

 

 

上記の中で確認できたものがある場合には速やかに病院へ行きましょう

何も問題がなければ安心です

このような些細な違いに気付くためにも日々の確認が重要です

良い猫との生活のために正しい知識を身につけましょう