猫の爪とぎの基本~爪とぎはやめられる?しつけ方は?~

 





猫の爪とぎの基礎知識

何故猫は爪をとぐのか?

古くなった爪の外層を除去して鋭い爪の維持

猫は元来狩りをする動物です

・自分の身を守るための道具として

・獲物を狩るための武器として

爪を鋭い状態で保ちます

そのために爪とぎを行い、古くなった外層を除去し新しい爪で鋭く綺麗な状態を維持しています

 

 

爪で傷付けてマーキング

”ここは自分の縄張りである”という事を主張するために爪で傷をつけます

猫の肉球には「臭腺」と呼ばれる強いにおいを発する場所があります

傷をつけ、においを刷り込む事で他者に自分の場所である事をアピールしています

 

ストレスを感じた際の行動、気分転換

猫はストレスを感じたときや気分を変えたいときにも爪とぎを行います

 

遊んでいて上手くいかなかったとき

叱られたとき

そんな時にガリガリと爪をとぐのはこのためですね

 

起きたら爪をとぐのは気分転換のためといわれています

 

遊んで欲しい(自己アピール)

・かまってくれない

・自分の事を見て欲しい

・何かをして欲しい

そんな時に関心を引くために爪とぎを行うことがあります

 

お腹が空いている

のどが渇いている

ただ遊んで欲しい

など要因は色々考えられますが、近くでガリガリしたときは遊んで欲しいのサインかも?

そのときは全力で遊んであげましょう

 

爪とぎは辞めさせられる?

爪とぎは猫が持つ本能的な行動のひとつです

猫にとって無理に辞めさせる事は大きなストレスになります

 

ただ壁や家具で爪とぎされるのは困りますよね

そこで対策としては

”爪をといで良い場所を作ってあげる、そこを覚えてもらう”

これが一番良いと思います

 

 

爪とぎのしつけ方法

爪とぎしてもいい場所を覚えてもらう為に

爪とぎ器へ連れて行く

猫が家具や壁などに爪とぎを始めたら用意してある爪とぎ器に連れて行きましょう

そこが気に入ったならそこで爪をとぎますし、それからもその場所で行ってくれるでしょう

爪とぎ器にマタタビ

最初は爪とぎ器にマタタビを少量塗布してみるのもいいかもしれません

 

そこでしない原因を考える

気に入らない場合は何か原因があります

・場所が悪い

・材質が気に入らない

など猫の気に入るもの、場所を提供しましょう

 

くれぐれも叱ってはいけません

繰り返すうちに猫が覚えてくれるのを気長に待ちましょう

 

どうしても覚えない場合

カバーを置いてあげる

どうしてもしてしまう場所にはカバーをつけてあげましょう

様々なタイプの爪とぎ型カバーが市販されていますので形状に合わせて検討してください

猫の嫌がるものや障害物で対策

・粘着テープでカバー

・猫の嫌なにおい(忌避剤)をつけておく

・しきりで入れなくする

などの対策を行いましょう