猫の暑さ対策~実は猫は暑さに弱い?エアコンは大丈夫?~

夏場の暑い時期に猫を置いて出掛けること有りますよね

『このまま置いてって大丈夫かな…?』

なんて思うことは猫を飼っている人の共通の悩み事ではないでしょうか

 

自分たちの目の届かない時間も快適に過ごして欲しいですよね

”猫の暑さ対策” がテーマです




猫の暑さ対策

そもそも猫は暑さに弱いの?

猫の祖先は砂漠に生息していたため、暑さに強いと思っている人も多いのではないでしょうか

実は猫は体温調整が苦手です

汗腺がほとんど無いので汗をかいて体を冷すことができません

体を冷す方法として

・体毛を舐める

・口呼吸による気化熱を利用する(パンティング呼吸)

が有りますが、効率が悪く高温には弱いと考えて良いでしょう

注意点

パンティングとは開口呼吸とも呼び、口をあけて激しく呼吸している状態です

犬では良く見かけますが、猫がはぁはぁしているのはあまり見ませんよね?

猫がパンティングを行っている際は、危険な状態の可能性が有ります

・体温が下げられない

・何か病気を患っている

この2つの場合が殆どです。頻繁に開口呼吸しているようであれば、速めに獣医さんに相談しましょう。

 

猫のための外出時の暑さ対策

飼い主さんが家にいる間は問題ないかと思いますが、心配なのは外出時です

猫のためにも外出する際には特に気をつけてあげましょう

直射日光を避ける

日光浴好きな猫です

夏場に窓際で日光浴

気持ちよくなってそのまま寝ちゃう

そしてそのまま熱中症になってしまう…なんてこともあります

また日光は室内温度を上げる一番の原因でもあるので

・外出中は直射日光が入らないように遮光カーテンを用いる

・窓の外に簾をかけてあげる

などの対策をしましょう

 

涼しい場所をつくってあげる

猫が涼める場所を作ってあげましょう

快適な場所を探す天才ですが、室内に涼しい場所が無いのでは猫もどうしようもないです

場所を用意してあげることは、後述しているエアコンでの対策以上に重要です

万が一エアコンが止まってしまった際を考えてみてください

涼しい場所が全く無い状態は危険ですね

市販のクールマットや冷却効果の高い猫つぼ(猫用ベット)なども販売されていますので購入を検討しても良いかと思います

対策しすぎて悪い事はありません

 

エアコンをつけてあげる

これは金銭的な問題もありますが、日中に外出する場合に室内温度が40度以上になってしまうようでしたらエアコンも考えましょう

・設定温度26~28度

・微風(弱)

温度が低すぎると逆に猫が体調を崩す可能性もあるので気をつけましょう

 

・他の部屋(エアコンの効いていない)へ移動できるように少し隙間をあけてあげる

・エアコンの風が当たらないところに毛布や冬用ベットを用意してあげる

などの冷えすぎ対策も重ねて行うと万全ですね

 

水のみ場を増やす

人間と同じで暑いときの水分不足は最大の敵です

いつもより多めに用意してあげるとで、こまめに水分補給が出来るので安心です

量、場所共に増やしてあげましょう