猫を迎えるための準備~猫を飼うための心構えについて~

 

可愛いという気持ちだけで衝動飼い

貴方と猫、お互いの不幸を招く結果になってしまうかもしれません

ここでは主に猫を飼う際に必要な 心構え に関することを書きました

一度立ち止まって考えてみてください



猫を飼うための心構え

経済的に大丈夫か

皆さんと同じように猫も生きていくためには少なくないお金が必要になってきます

自身の経済状況を正確に把握し、猫を養っていくだけの余裕があるかどうか考えてみてください

愛だけでは生活できないのが現実です

猫を想う気持ちがあるならしっかりと考えてあげましょう

関連記事

猫の飼育にかかる年間費用は?

猫の生涯飼育にかかる費用は?

終生飼育できるかどうか

猫の平均寿命を知っていますか?

放し飼いと完全室内飼いでは差がありますが約15歳といわれています

その途中で

・経済的に飼育が困難になった

・家族にアレルギーが発症した

・引越しが決まったが転居先で猫を飼う事ができない

などと急に状況が変わることがあるかもしれません

そんな時にでも飼い続ける覚悟が必要です

 

15年後を予測することは難しい事かもしれませんが、それだけ長い付き合いになることを覚悟しましょう

 

プライベートを犠牲に出来るか

ペットは置物ではありません

愛情を持って育てる必要があります

今の貴方の生活で猫と触れ合う時間が確保できますか?

 

猫を飼う事で旅行などの長期間家を空ける行為は難しくなるでしょう

プライベートを犠牲にする覚悟がありますか?

 

家が傷付いても良い覚悟はあるか

猫は本能的に ”爪とぎ” をする動物です

専用の道具を用意してあげても家の壁やソファーなどで爪とぎをしてしまうことがあります

あなたはそれを許せますか?

 

同居人は全員賛成しているか

猫を飼いたいのは貴方だけではないですか?

もしも反対している人が居るならば飼うことは諦めた方が良いです

先ほども書いたように10年以上の長い付き合いになります

全員が愛情を持っていないと良い環境で育ててあげる事は出来ないでしょう

 

掃除は出来るか

猫には抜け毛があります

そのまま放置してしまうとノミやダニが住み着いてしまったりと衛生的に良くないです

また普段から掃除をしていないと落ちている物を誤飲・誤食してしまう可能性も生じます

掃除が出来るかどうかも重要なポイントとなってきます

 

 

覚悟も無く猫を飼ってしまった結果

こちらの記事をご覧ください

猫の殺処分の現状

年々減少している傾向にありますが殺処分される猫はまだまだ多いのが現状です

飼うときは可愛かったのに…なんてのは人間のエゴです