猫を飼うのにかかるお金は?年間費用の相場

猫を飼おうと思っている人は気になる ”お金の話” です

猫を飼いたいけどどれぐらいお金がかかるのかな?という方に向けての記事です

この記事では

・最初にかかるお金

・継続的に必要なお金

・臨時でかかる費用(準備中)

の3つに分けてその疑問にお答えしようと思います




相場の平均程度に値段設定しています

猫の飼育費用は?初期費用から臨時費用まで詳しく解説

最初にかかるお金

最初にかかるお金は主に

・飼育環境を整えるためのお金

・医療関係のお金

の2種類です

 

飼育環境を整えるためのお金

最低限必要なものを羅列しています

名称 値段
猫用トイレ 2,000円
猫トイレ用砂 (物によってはシート) 1,000円 (1,000円)
餌皿 (食器で代用可) 500円
水のみ皿 (食器で代用可) 500円
猫用キャリーバック 5,000円
おもちゃ 1,000円
爪とぎ 1,000円
ブラシ 1,000円
寝床 (毛布,布団等で代用可) 3,000円
合計 15,000円

 

 

医療関係のお金

 

名称 値段
混合ワクチン接種 4,000円~12,000円 (計算は6,000円で行う)
健康診断 5,000円
ノミ、ダニ駆除 (野良を拾ってきた際に必要) 2,000円
去勢・避妊費用 20,000円
合計 33,000円

 

混合ワクチンは種類によって費用が変わってきます。

関連記事:猫のワクチンについて

健康診断料は病院によって費用は変動しますが、平均5,000円程度です

 

去勢・避妊は発情期独特の困った行動が収まるだけではなく、生殖器の腫瘍のリスクがなくなるなど健康面でもメリットがあります

将来赤ちゃんを産ませる予定がない場合は手術を行うケースが多いですが、猫の人生に関わる事です

よく考えて行ってください

関連記事:猫が去勢.避妊手術をすると太るって本当?

関連記事:猫は去勢、避妊手術をしたら性格が変わる?

 

合算すると飼い始めるには5万円程度必要です


継続的に必要なお金

継続的にかかるお金は

①ご飯 (キャットフード・おやつ)

②消耗品の補充 (トイレ用品・爪とぎ・おもちゃ)

③医療関係 (ワクチン接種・定期診断)

の3種類です

①と②は用意するものによって大きく変動しますが毎月3,000円程度は必要です

 

③の医療関係は主に2点有ります猫の健康維持のために

・月に1度のノミ・ダニ除去剤

月に1,000円程度の薬を猫の首元に投与する必要があります

 

・年に1回のワクチン接種定期健診

上にも書いたようにワクチンは摂取する物によって4,000円~12,000円程度

定期健診は5,000円程度

年間20,000円程度かかると覚えておきましょう

 

年間費用として

 (月の消耗品×12ヶ月) +(ノミ薬×12ヶ月) + 年1回の健康維持費

約7万円

は最低限は必要です

 

重要なのは 最低限 という部分ですね

次に臨時費用について話します

 

臨時でかかるお金(準備中)

これは相場によって大きく金額が変動します。

・病気にかかったときの病院代

・お出かけするときのペットホテル・ペットシッター費

・トリミング・グルーミング代

・ペット保険

各詳細記事を準備中です。

 

まとめ

・猫を飼い始めるのにかかる費用は約5万円

・年間費用は7万円

猫の種類や飼い方等で変動しますが意外とお金がかかると感じた人も多いのではないでしょうか

 

もちろん愛は大切ですが、気持ちだけでは猫と暮らしていけません

経済的に余裕のある生活で猫との快適な生活をおくりましょう