猫のアゴに黒いぶつぶつ?その正体は?~猫のアゴの黒いカスついて~

この記事を見ている人は、猫とふれている(遊んでいる)ときに

『あれ?アゴに黒い何かが出来てる…?』

と思ったことのある方でしょうか

それはおそらく ”猫にきび” です

人間にも出来るあの”にきび”と同じようなものですね

 

病気になったりするの?

どうやって直したらいいの?

そんな疑問にお答えするために今回のテーマは猫にきびについて




猫にきびについて

意外と気付かない?猫にきびについての基礎知識

意外と気付かない人も多い『猫にきび』

アクネ、炎症を伴う場合には猫痤瘡(ざそう)とも呼ばれています

 

主に猫の ”アゴの下” や ”口の周り” に出来ます

猫にきびは脂腺(しせん)と呼ばれる皮脂を分泌する部分が多い猫のまぶた、あご、しっぽの付け根や唇に出来ますが、発見される多くは上記の2点(アゴの下と口周り)です

 

よく出来るのが口周りなので、知識が無いとご飯のカスがついたのかな?と勘違いしてしまうことも多いです

重症化するとかゆくなり、それを猫がかいてしまってそこから化膿や炎症、他の病気を引き起こす可能性もあります

そうなる前に飼い主がしっかりと処理し、にきびの出来にくい環境を整えてあげることが大切です

 

猫にきびの症状

症状としては

黒いぶつぶつ

患部の脱毛

腫れや出血(特に注意)

などがあります

 

猫にきびの多くは軽症で命を脅かすことはありませんが、悪化してしまうと危険です

炎症が起きているか否かが重要な判断のポイントです

・アゴの下を触ったときに皮膚が硬くなっていると感じる

・しきりにアゴの下を掻いている

猫にきびがある場合この2つのサインは見逃さないようにしましょう

また変だな?と感じたときは病院へ行きましょう

簡易的な症状レベルと状態

軽度 あごや口周りに黒いぶつぶつが出来る
中度 軽度と重度の中間、軽い炎症が起きている、毛が少し薄くなっている
重度 患部が赤くなり腫れている、顕著な脱毛



猫にきびの原因と対策

人間のにきびと同じで様々な原因が考えられます

以下を参考にして自分の飼い猫の環境を見直してください

 

アレルギー

・容器に対するアレルギー(金属、樹脂)

・食べ物に対するアレルギー

この両方が考えられます

容器を変えてみる、エサを変えてみるなどの対応をしてください

症状が改善した場合、それが原因だった可能性があります

 

ストレス

何かをストレスに感じ、猫の免疫力が低下し通常であれば問題の無い雑菌の繁殖が抑えられない

猫のストレスに関しては以下の記事を参考にして下さい

関連記事:猫のストレスについて

 

プラスチックの容器を使用している

プラスチックには実は目に見えない穴がたくさん開いています

その性質上、穴の中に汚れが入り込み雑菌が繁殖しやすくなっています

エサ用の容器に使用している場合、陶器などに変えてみてください

 

毛づくろい不足

怪我や加齢などが原因で毛づくろいが行われない

人間の洗顔を行っていない状態と同じです

後述しますが、お湯に浸したタオルなどで定期的に拭いてあげましょう

 

不衛生な環境

食器や水入れの掃除不足

水は継ぎ足しばかりで交換してない

などの掃除不足が原因で雑菌が増えている可能性があります

掃除を行ってください

 

 

猫にきびの取り方

タオルをお湯に浸して拭ってあげてください

にきびの物理的な除去+毛づくろいの代わりにもなります

 

”ブラシを用いて取る” などはたしかによく取れるのですが、猫の肌を傷つけてしまう可能性があるので注意が必要です

 

 

黒猫を飼っている人は特に注意!

黒猫は毛が黒いので黒い猫にきびに気付きにくいです

毛が薄くなる状態まで進行してしまうと治療も大変です

定期的にアゴの下を触ってあげてください