保冷剤や風邪薬が危険!?~意外と知らない猫にとって危険もの(室内編)~

『室内で飼っているから安全』そう安心していませんか?

実は家の中で人間に害は無いけど、猫にとって有害なものが有ります

例えば

”市販の風邪薬”

もちろんすべてが危険ではないですが、中には猫にとって危険な物が存在します

 

猫を飼う人には知っていて欲しい、室内の意外な危険についての記事です

その風邪薬、そんなところに置いて大丈夫ですか?




猫にとっての意外な危険(室内)

風邪薬(アセトアミノフェン)

薬局などで処方箋無しで手に入れることが出来る風邪薬には ”アセトアミノフェン” という成分を含んでいる事が多いです

人間用の風邪薬、解熱鎮痛剤などに入っている成分です

 

これは人間には有効な薬ですが、猫が体内に摂取した場合は少量でも危険です

 

症状

・摂取から数時間から数日後に嘔吐、溶血性貧血(赤血球が破壊されることで起こる貧血)

・粘膜や舌が青白くなるチアノーゼ

・血液、尿がチョコレート色になる(メトヘモグロビン血症)

・呼吸困難

 

非常に危険ですので、猫を飼っている方は気をつけましょう

保冷剤

家庭にある保冷剤にも危険が潜んでいます

ゲル状の保冷剤には ”エチレングリコール” が含まれてます

これは甘い香り、味がするため鼻の良い猫ちゃんは好みますが非常に危険です

 

猫が食べてしまって体に吸収された後に毒性代謝産物に変換されます

エチレングリコールの種類や純度によっては少量でも死に至ることがあります

 

症状

・嘔吐を繰り返す

・酒に酔ったような状態

・腎機能障害や尿結石

 

猫が保冷剤で遊んでいる場合は危険です

すぐに取り上げましょう

 

不凍液

不凍液は例えば車のエンジン冷却水の凍結を防ぐために利用されています

これも保冷剤と同じ ”エチレングリコール” が含まれています

危険ですので取り扱いには注意して、猫の手が届かない場所で管理しましょう

 

トマト

トマトの芽や葉、緑色の実にはジャガイモの発芽部分で有名な ”ソラニン” を含みます

ソラニンは神経に作用する有機化合物の一種です

症状

・下痢

・錯乱

・瞳孔の拡大

 

キシリトール入りの歯磨き粉やガム

猫にとってキシリトールは非常に危険です

摂取するとインシュリンの量が極端に増加し、低血糖症を引き起こします

症状

・嘔吐

・歩行困難

・昏睡

 

猫に歯磨きをしてあげる際には猫用の歯磨き粉を使いましょう

関連記事:猫に歯磨きは必要?正しいやりかたと頻度について

 

 

以上意外と知らない室内に潜む猫への危険でした