その草食べて大丈夫?~身近にある猫にとって危険な植物~

完全に室内で飼っている方も多いですが、自由に外を行き来できる環境で飼っている人や散歩に連れて行っている人

色々な猫との付き合い方があると思います

猫はグルーミングで飲み込んでしまった体毛を胃の中に溜め込み、草を食べることで胃を刺激し飲み込んだ毛を吐き出します

そのために自宅で ”猫草” を栽培している方も多いですね

 

外で雑草を食べている猫をみて『この草って猫が食べても大丈夫なの…?』と思ったことのある方は多いと思います

実は猫にとって有害な植物は身近にも存在します

そんな猫にとって危険な植物に関して表にまとめてみました

 

 

猫にとって危険な有毒植物

全草が危険なもの

名称 特徴
チョウセンアサガオ類 神経の働きを阻害する非常に強力な物質を含む。口渇、散瞳、視力の低下を引き起こす。
ヨウシュヤマゴボウ サポニンを含み、一過性の下痢や嘔吐を起こす。
トリカブト類 新機能にも影響し、少量でも不整脈や心停止を起こす可能性がある。口内の炎症、嘔吐もみられる。
ジギタリス(キツネノテブクロ) 強心作用をもつ成分を含む。中毒性も強力で心房や心室細動などの重篤な症状を起こす。その他にも消化器系症状やめまい、震えが起き最悪の場合死にいたる。
スイセン 重篤な胃腸炎、下痢や嘔吐を起こす。
ドクゼリ 意識障害や痙攣、呼吸困難を起こし、場合によっては死に至る。刺激性があるため口内の灼熱感、嘔吐や下痢、強度の腹痛などの消化器症状に注意が必要。
ジンチョウゲ 皮膚に触れると局所の水泡の他全身症状も起こす。胃腸炎からショックや昏睡、場合によって死にいたる。
スズラン 徐脈、不整脈、心不全を起こす。心毒性の前に嘔吐や下痢などが先んじる。
ヒガンバナ(マンジュシャゲ) 嘔吐、腹痛、下痢や震せんなど中枢神経症状を起こす。
ドクニンジン 興奮、震せん、よだれ、排尿、腹痛を生じる。筋麻痺が起こり、呼吸困難から死にいたることもある。乾燥させると毒性は無くなる。
キツネノボタン 下痢や嘔吐などの消化器症状を起こす。
フジ 下痢や嘔吐などの消化器症状を起こす。

 

 

部分的に危険があるもの

名称 [有毒な部位]特徴
ソテツ [種子]嘔吐や下痢を起こす。肝臓の一部が壊死する。
キョウチクトウ [樹皮・根・枝・葉]不整脈や心不全を起こし最悪の場合死にいたる。
アサガオ [種子]興奮、震せんなどの神経症状を起こす。
アセビ [葉・花蜜]有効成分は異なるが、ジギタリスと似た心臓毒性を生じる。このほかに胃腸炎やけいれんなどを起こし、致死の可能性も高い。
レンゲツツジ [葉・花・根]少量でも心不全を起こし、致死的である。下痢や嘔吐なども生じる。
クワズイモ [根・根茎]唇や口内の灼熱感や浮腫。腫瘤が気道を圧迫しない限り命に別状無し。
イヌサフラン [球根]多くの臓器に障害を起こす。初期症状として下痢や嘔吐、その後不整脈や中枢性の神経麻痺や呼吸困難を起こす。
チューリップ [球根]下痢や嘔吐などの消化器症状を起こす。
トチノキ [種子・樹皮・葉]重篤な胃腸炎や下痢を生じる。重症だと瞳孔散大、震せんの後の麻痺、昏睡、致死を生じることもある。
ツツジ [葉・花]レンゲツツジと同じく少量でも心不全を起こし、致死的である。下痢や嘔吐なども生じる。

 

参考文献 [ 編者 小方宗次(2009)『最新 くわしい猫の病気大図鑑』株式会社誠文堂新光社 ]