猫は名前を覚えるの?~名前を認識してもらう4つのポイント~

猫の名前を呼んだとき「にゃーーー」と返事してくれる

そんなやり取りを夢見ている方も多いのではないでしょうか

今回は名前を覚えてもらうためのポイントを紹介します



猫に名前を覚えてもらう4つのポイント

猫は文字として名前を覚えるわけではない

言われれば当たり前の事ですが、猫は文字を覚えません

これを大前提として次に進みましょう

 

それでは以下ポイントです

 

ポイント1 猫の聞き取りやすい名前にしてあげる

ポイントは 短い 濁音入れる この2点です

猫に名前を覚えてもらうには名前の聞き取りやすさが大切です

人間も同じだと思いますが長い名前は覚えにくい上、聞き取りが難しいですよね

 

猫は ガ行 や ザ行 等の濁音が聞き取りやすいといわれています

名前をつける際に意識してみてください

関連記事 :  猫の名前の付け方

 

ポイント2 ご飯やおやつを上手に使う

いきなりですが、学生時代のお昼のチャイムを思い浮かべてください・・・

聞くだけでお腹が空いてしまう人も居るのではないでしょうか?

これは 音(昼のチャイム) と 快感(お昼ご飯) が脳内で関連性が高いと認識しているからです

 

『音』+『快感』

この組み合わせを有効に使いましょう

『名前』を呼んで反応すれば『おやつ』が貰える

これは一例ですが、このようにおやつを上手に使えば猫が早く名前を覚えてくれるでしょう

 

ポイント3 名前を呼んで叱らない

これも重要なポイントです

先ほどの『音』+『快感』の逆で

『音』+『嫌な事』

として名前を覚えてしまう可能性があります

悪い事をしたときは名前を呼んで怒りたくなる気持ちも分かりますが、そこはグッと我慢しましょう

 

 

ポイント4 多頭飼いの際は識別しやすい名前をつけてあげる

これも言われれば当たり前の事ですが

猫同士が同じような名前だと聞き分ける事はできません

リンとラン、ココとモモなどですね

これから新しい子を迎えようとしている人は気をつけてください

 

 

おわりに

猫たち動物はコミュニケーションに『言葉』を扱いません

音の大きさや高低などのトーンを使って行います

冒頭に書いた ”猫は文字として名前を覚えるわけではない” という話と通じますが

猫にとって

「名前を呼ばれた」=「いつもの音がした」

でしかありません

それでもその音が自分を呼ぶ音という認識をしてもらう事は可能です

 

名前を覚えてもらうにはコミュニケーションが大切です

たくさん呼んであげることで早く覚えてもらう事にも繋がります

 

また猫が名前を呼んで返事をしてくれないからって諦める必要はありません

・しっぽを動かす

・耳を傾ける

・気付いているけど動いてない(笑)

など、猫によって反応も様々です

気長に頑張りましょう